チャットレディ中級講座

ここでは実際のお仕事について考察します。

メールのやりとり

男性会員からメールを受けたら、お返事をしましょう。

「○○さん、メールありがとうございます。」と名前を読んで、お礼を言うのが基本です。

次に本文。メールを続けたいなら、短文やそっけない返信はダメです。男性は1通当り80円程度消費しています。 それに見合う返事(量、質)を意識します。

いきなりタメ口や馴れ馴れしいのは禁物。丁寧な言葉を使います。顔文字や絵文字も控えめにしましょう(相手に合わせます)。

写メや動画を頼まれた時は、内容によりますが焦らしはほどほどに。できないことは早めにお断りしたほうが、 続く可能性があります。じらした挙句、「できません」は禁物。

電話

電話がかかってきたらスグに取ります。3コール以上は「お待たせしました」。

自分から挨拶をします。「お電話ありがとう。○○です。よろしくおねがいします。」

トークは男性主体にします。あなたは聞き役、広げ役です。声だけなのでオーバーなくらいリアクションするのが (体うごくくらい)が調度良かったりします。

終わったら、ありがとうございました。とお礼を忘れずに。

アダルト電話

男性によってはすでに出来上がっている人もいます。イク直前に電話かけてくることもあります。 こういう場合、イったらガチャ切りされることが多いです。

このような場合、 「どうしたの〜もういきそうなの?」「どこさわってるの〜?」「もっと声聞かせてよ」 などと聞いてあげることが無難です。 長く引っ張ろうとすると逆効果。 普通の話なんて絶対にできないと心得て下さい。

イッた後男性はおとなしくなるので、 もしお話ができそうであれば「どうだった?」などと聞いてあげましょう。 また、ガチャ切りする人多いのに…終わってもお話出来て嬉しい!など褒めることも効果的です。

テレビ電話

テレビ電話ではチャットレディがパフォーマンスをして、男性会員はそれを見て楽しむことがあります。 その場合、携帯をハンズフリー(ヘッドセットマイク)で姿を見せながら男性のリクエストに答えるパターンが多いでしょう。

「まんこ見せて!」など言ってくる会員は少なからずいますが、絶対に対応してはいけません! 自分の出来る範囲でリクエストに対応します。

焦らしは、ほどほどに。雑談で時間をのばそうとするのは逆効果、 はずかしい〜とか、これがすきなの〜?などと上手に誘導しましょう。


チャトレサイト一覧
Topに戻る

- mono space -